JF全漁連の紹介/JFグループの概要

 全国にはおよそ35万人の漁業者(組合員)が、相互扶助、助け合いの精神のもと水産資源を守り育てながら、漁業生産活動を行っています。こうした漁業者が集まり、漁業協同組合(JF)をつくっています。
 現在全国の沿岸地区には、976(2013年7月1日現在)のJF(漁協)があります。



漁業協同組合の事業と組織図

JF・県域JF JF連合会
販売取扱高 :約 9,707億円 販売取扱高 :約 4,841億円
購買取扱高 :約 2,040億円 購買取扱高 :約 1,146億円
貯 金 高 :約 8,856億円 貯 金 高 :約 2兆3,762億円
共済契約高 :約 5兆4,861億円  

〈資料〉

●JF(漁協)県域JF:販売・購買取扱高/「2011年度漁協統計表」(JF全漁連)
●JF連合会:販売・購買取扱高/「2011年度漁連の決算状況」(JF全漁連)
●貯金高/2013年3月末(JF全漁連調べ)
●共済契約高/2013年3月末(JF共水連調べ)




上に戻る
JF全漁連トップページへ JF全漁連の概要 JF全漁連へのアクセス