今年度活動スローガン

“できることから始めよう
それが輝く未来の第一歩 JF女性部”
~仲間の輪をひろげて、活動も地域も明るく元気に~

2021年度事業計画趣旨

2021年度は、新型コロナウイルス感染の収束が見通せず、依然として予断を許さない状況の中でのスタートとなりました。
国内では、本年2月に医療従事者を対象としたワクチン接種が開始され、5月からは高齢者を皮切りに一般国民への接種が始まり、事態の収束に向け大きな期待が寄せられています。4月、5月には大都市圏を中心に「緊急事態宣言」が再発令される等、 未だ感染拡大に歯止めがかからない状況が続いている中、国民一人ひとりに「新しい生活様式」を踏まえた行動が求められています。
漁業では魚価の下落や飲食店需要の減少等により、沿岸漁業者およびJFグループの生産活動や経営への影響のさらなる長期化が懸念されており、国による漁業者への継続的な経済対策支援が必要とされています。
このような状況の中、ウィズコロナ、新しい生活様式を見据えながら、安心して女性部活動に取り組めるよう、知恵を出し合いながら考え、実践していく必要があります。JF全国女性連は、先行き不透明な状況下ではありますが、コロナウイルスの収束と漁業経営の安定を願いつつ、安全に十分配慮した上で、魚食普及や女性の声の反映をはじめとする女性部活動を展開していきたいと考えます。

活動の基本方向

1.東日本大震災被災地への支援活動
2.自立した組織づくりと女性の参画の機会づくり
3.浜の環境保全活動
4.水産物の消費拡大活動
5.安全操業の推進
6.全国共通活動の推進

課題別実践活動

1.東日本大震災被災地への支援活動

(1)水産物の消費拡大および復興支援を目的に、各種イベント等に出店し、水産物の安全・安心をPRします。具体的内容は、理事会・三役会等で協議します。

2.自立した組織づくりと女性の参画の機会づくり

(1) 女性の参画と声の反映の取組み
・漁村における男女共同参画社会の実現を目的に、各JF役員と所属する女性部役員との懇談会の実施を推進します。
・各JFでの女性参与等の設置を始め、JFグループにおける男女共同参画の取組推進に努めます。
・各JF・漁連・信漁連の理事会、総会へ、JF女性連代表の出席を要望します。
・JF全漁連会長・水産庁長官・JF全国漁青連・JA全国女性協等との懇談会を検討します。
・各県におけるJA女性協との交流と連携強化を目的に、JA女性協主催のリーダー研修会およびJA全国女性大会に参加検討します。
(2)部員の高齢化・減少対策への取組み
・一世帯で複数の女性部員の加入を推奨し、組織の活性化を図ります。
・第4回JF全国女性連フレッシュ・ミズ部会を検討します。
・ホームページやSNSを活用した情報の幅広い発信に努めます。
(3)各種研修会や交流大会への積極的な参加を促し、次世代の女性部リーダーおよび若手部員の育成・資質の向上を図ります。
(4)水産庁補助事業女性活躍のための実践活動事業等を活用し、起業的活動や自立した組織づくりの促進に努めます。

3.浜の環境保全活動

(1) JF全国女性連のブランド、天然原料使用の石けん「わかしお」の使用促進を図ります。そのため、メーカーによる石けん講習会の実施を引き続き推進します。
(2)「海を守る青少年体験教育活動」として「海藻おしば教室」「海浜清掃」「環境学習」等を検討します。
(3)海洋プラスチックごみ問題について、国際的な動きや国の対応などを踏まえながら、各漁協女性部としての対策を検討します。
(4)国・自治体が行う環境・生態系保全事業へ積極的な参加を呼び掛けます。

4.水産物消費拡大活動の推進

(1)JF女性連等が実施する料理教室・イベント等への出店に対し、費用の一部を助成します。
(2)JF全国漁青連・JF全漁連中央シーフードセンター・全国漁連のり事業推進協議会等と連携し、消費拡大活動を展開します。

5.安全操業の推進

1)漁船の安全操業と海難事故防止のため、ライフジャケット着用の声掛けやLGLによる取り組み、安全講習会の開催等を促進し、漁業者の意識の向上啓発を推進する。

6.全国共通活動推進への協力

(1)海難遺児を励ます募金活動
(2)JFマリンバンクの貯蓄推進
(3)JF共済(チョコ―・くらし等)の加入促進
(4)漁業者老齢福祉共済を利用した漁業者福祉の増進
(5)「ぎょさい」と「積立ぷらす」の加入促進
(6)JF全国漁青連、全国水産業改良普及協議会、その他関係団体との連携

7.記念事業・特別活動事業の積立を行います。